2011年10月24日

尖閣諸島周辺の接続水域に中国の漁業監視船・・分かる分かる!

さてさて、ほんじつはイロイロたくさんさがしましたとさ?
幾日も、いろいろだった!
ヘッドラインの事を書いてみましたんです。

☆★☆

尖閣諸島周辺の接続水域に中国の漁業監視船
読売新聞 10月24日(月)10時42分配信

24日午前5時15分頃、沖縄県石垣市の尖閣諸島・久場(くば)島の北北東約30キロの接続水域(日本領海の外側22キロ)内で、中国の漁業監視船「漁政201」「漁政35001」が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。

巡視船が目的などを無線で尋ねたところ「一般的なパトロールだ」と応答があった。監視船2隻は、約1時間後に接続水域を出たが、同7時20分頃に同諸島・大正島の北西約44キロの接続水域内に再び入り、約1時間20分後に出た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000330-yom-soci

★☆★

とりあえず、どうもすいません。
のちのちも、後押ししてください!
ダスビダーニャ。


今日、社会の推移は色色で油断するとあぶない状態が出てきています。 ノートブックを開けると、その様な趣向が肥大になるのがわかるでしょう。
実例では、ワンボックスの下取り見積りと言うワードや自動車の保険20代、時には高還・元率リボ・払いなどなど調べるポイントが数多くなってきているのです。 こう言う単語の羅列は、捜す人の暮らし状況を表現したものですか? そのほか、今のとこは自動車の保険更新と言ったワードや車の損害保険買い替えなど、又自動車の保険入替車の損害保険2台目とうとうも検索量が増えてくるのです。
充分な調べる時勢の内の部分部分ですが、気を回して見ていく事が重要です。
今週の見識
今週の研究
今週の一歩
posted by じんazj8 at 12:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。